• HOME
  • HOME
  • INTERVIEW
  • ドラマ「たびくらげ探偵日記」の主題歌“まっきーとけんた”2ndシングルをリリース!インタビュー

ドラマ「たびくらげ探偵日記」の主題歌“まっきーとけんた”2ndシングルをリリース!インタビュー

──1stシングル『Calling…』が世に出たときのリアクションは、
どのようなものでしたか?

荒牧慶彦(以下まっきー)「とても歓迎してもらえたんじゃないかなと思います。最初、アーティスト活動をするということは告知せず、“まっきーとけんた”のプロジェクトが始まるよ、ということだけ伝えたんです。字面と衣装のカラーから、「ぐりとぐら」と言われたのは意外でしたね(笑)。狙ってもいなかったですし、想像もしていなかった反応でした。ただ、ひらがなにしたいというのは絶対条件でした。やわらかさと、多少のダサさを意識しつつ、一番大事にしたのはわかりやすさなんです。「あの人たちのユニット名ってなんだったっけ?」とならないように、まっきーとけんたがやっているから、“まっきーとけんた”なんだよと」

水江建太(以下けんた)「その話を聞いたときは、僕ららしくていいなと思いました」

まっきー「当初のデザインではユニット名を英語で提案いただいたんです。でも、「ここは絶対にひらがなで!」と譲りませんでした(笑)」

──そして2ndシングル『Nothing but…』も完成。はじめて聴いたときの印象は?

まっきー「どこか懐かしさを感じるキャッチーな曲だなと。サビが耳に残って、すぐに口ずさめてしまうんです」

けんた「確かに(笑)。すごくいい曲でキャッチーだから、たくさんの人にぜひ聴いてもらいたい! と思いました」

まっきー「振り付けも気に入っています。簡単にマネできるので一緒に踊ってもらえたら嬉しいですね!」

けんた「そうですね!」


──レコーディングはどのように行われましたか? 2人一緒にスタジオ入りしたのか、別々だったのか。

まっきー「カップリング曲の『Believe + Believe』に関しては、俺が先だったのかな?」

けんた「そうですね。僕はまっきーさんが先に録音した歌を聴きながら歌いました」

まっきー「『Nothing but…』はけんたのほうが先でしたが、僕は(けんたの歌は)聴かずにレコーディングしました。1stの『Calling…』のときから基本的にはバラバラで、お互いの声を聴きながらっていう感じではなかったんだよね」

けんた「『Calling… 』はお互いの声を聞かずに完成形を聴いて、ああ、お互いの声が合うんだなってことに気づいたんです。『Believe + Believe』は、まっきーさんの声を聴かせてもらってから歌ったので、イメージが湧きやすかったですね」

まっきー「なるほど」

──2曲ともキャッチーなメロディーに、実はとても深い歌詞がついています。ドラマと連動している部分もありつつ。

まっきー「そうなんです!」

けんた「どちらの曲にも、僕らの(役柄としての)生い立ちのようなものが入っています。家族を持たない設定なので、そういうことも含めて、とても深いんですよね」

まっきー「『Believe + Believe』に関しては、いろんなものを乗り越えた結果、お互いを信じているという意味もあるのかなと。ダブルミーニングで、“ビリビリ”くる関係性っていう部分も込められているんだと思います」

けんた「『Believe + Believe』のAメロは、それぞれのひとりでいるときの孤独みたいなところが書かれていて、それがひとつに合わさっていく。こちらも役と重なってるんですよね」

──『Nothing but…』配信限定バージョンでは、お二人の口笛の音が入っているということですが。

まっきー「はい。前作の『Calling…』では心音だったのですが、今回は口笛にしようということになりまして。みんなで話し合っているときに、冗談っぽく言ったことが実現しました。僕が口笛が得意なのでファンの方が喜んでくれるかなと思って、案として出したのですが、結果的にけんたを付き合わせてしまいました(笑)。ちなみに、僕がイントロで、けんたがアウトロを担当しています。けんたも普通に吹けたしね?」

けんた「まっきーさんほどじゃないですけど、吹けることは吹けます。まっきーさんは本当に上手だから」

まっきー「フフフフ」

けんた「ちょうど『Believe + Believe』のレコーディングのときに、『Nothing but…』の配信バージョンの口笛を録ろうということになり、お手本みたいな感じでまっきーさんが先に録音した口笛を聴かせてもらったんです。もうね、めちゃくちゃ笑いました」

まっきー「ハハハハ!」

けんた「すごいんですよ。しゃくりとコブシみたいなのが。そういうのを口笛で表現していて、スキルがすごすぎて。“なんだよ、これ!?”ってめちゃくちゃ笑ってしまったので、これはぜひ聴いていただきたいです。想像していたものを遥かに超えていました」

まっきー「口笛でビブラートかけてますから」

けんた「口笛のクセ、強っ! ってなりました」

──まっきーさんの口笛は、ファンの方にはお馴染みなんですね!?

まっきー「はい。口笛動画とかもやっていますから。ついね、吹いちゃうんですよ、日常生活の中で。口笛を吹きながら移動していると、俺が来たってすぐにわかると思います」

けんた「わかりますよ。あ、まっきーさん来た! って」

──スキルとクセの強い口笛を先に聴いたとき、けんたさんはプレッシャーに感じましたか?

まっきー「それはないでしょ(笑)」

けんた「遊び心的な要素が強いので、それはなかったです。ただただ、笑ってしまいました。僕は僕で、普通にやろうと」

──まっきーさんは、得意の口笛ということで、多少のドヤ感は意識しましたか?

まっきー「まぁ、ちょっとは凝りたいなっていう気持ちはありましたよね」

けんた「俺もう、まっきーさんの表情が見えましたから。音を聴いた瞬間に。絶対に悪い顔して吹いてるぞ、これって(笑)」

まっきー「遊び心ですよ!(笑)」

──活動の柱は俳優業ですが、お二人は、まっきーとけんたというユニットをどのように楽しんでいますか?

まっきー「僕ら自身のもともとの関係値があってのユニットでもあるので、何をやっていても楽しいです。スタッフさんも遊び心があり、僕らの要望を広い心で受け入れてくれる。なおかつ、みなさんの本気度も伝わってくるんです。キングレコードさんをはじめ、ドラマの制作陣など、いろんな方たちから本気でおもしろいものを作ろうという気概が伝わってくるので、僕らとしても非常にやりがいがある。期待と信頼に応えたい気持ちと、スタッフさんたちとの熱意との相乗効果が生まれていると思います」

けんた「役者×アーティストといった感じで、活動が掛け算になっているところが楽しいです。新しいチャレンジをまっきーさんと一緒にできるのも楽しいですし、やりがいを感じています。遊び心と本気とで、もっとみんなに楽しんでもらいたいなと」

──『Calling…』でのドラマクリップ、オンエア中のドラマ『たびくらげ探偵日記』のようにキャンピングカーで二人旅をするとなったときに、相手に伝えておきたい自分の“トリセツ”は!?

けんた「僕、話を聞いている感じを出しつつ、まったく頭に入っていないところがあります(笑)」

まっきー「それは僕もです。相槌を打ちつつ、“あれ、なんだっけ?”ってことがよくある。まぁ、似たもの同士なんでしょう。それに加えて僕は小ボケをかましまくりますから。けんたは、ただそこにいて聞いてくれていればいいので」

けんた「聞いてはいるけど頭に入っていないこともあります(笑)」

まっきー「全然問題ない(笑)」

──最後に、それぞれが日常生活の中でどんなふうに音楽を楽しんでいるのかをお聞かせてください。

まっきー「それこそ僕は、日頃から好きな音楽を口笛で吹いて楽しんでいることが多いです。俺自身がミュージックボックスみたいな感じです!」

けんた「何を言ってるんですか(笑)」

まっきー「僕はファンモン(FUNKY MONKEY BΛBY’S)が好きなので、ファンモンの曲はよく吹いてますね。現場でやってると、聴いた人が「懐かしいね!」なんて反応してくれるのもうれしいです」

けんた「僕はギターとかピアノをちょっと弾けたりするので、作詞作曲という楽しみ方もしています。僕のギターは、まっきーさんの口笛みたいなものですね(笑)。このユニットもですが、仕事をしながら好きな音楽に触れていられるのがすごくうれしい。まっきーとけんたの活動は勉強にもなっていますし、新しいチャレンジもあるので、常にワクワクしっぱなしです」

文:根岸聖子

関連記事一覧